スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

ミニ白菜の目はり寿司風

 ミニ白菜の目はり寿司風

林さんのみずみずしいミニ白菜で、事務所の料理名人西山さんがお寿司を作ってくれました。

酢で浅漬けにしたミニ白菜のシャキシャキ感と、サーモンのまったりした味、卵焼きの甘さが酢飯に絶妙に合って、何個も食べたくなるさっぱりした風味のお寿司です。

食べやすい俵形で中は見た目が華やかなので、お誕生日会などにもお勧めです。

ミニ白菜の新しい魅力に出会えます。是非お試しください。





<作り方> 
○材料○…4個分
ミニ白菜 葉4枚、サーモン 切り身4切れ、卵焼き(砂糖と醤油で味付け) 4切れ、酢飯 適量、酢 適量、塩 少々

○手順○
1 ミニ白菜の葉4枚を上下で半分に切り、上半分を酢と塩で1晩付けて浅漬けにする。同時にサーモンの切り身を酢に漬ける。下半分の葉は翌日使うのでとっておく。
2 作る日の当日、酢飯、卵焼きを作る。卵焼きは棒状に切ったものを4本用意する。
3 前日上下半分に切ったミニ白菜の下部分の芯を取り除き、残った葉を細かく刻んで塩もみをする。
3 塩もみしたミニ白菜を酢飯に混ぜて、菜飯にする。
4 菜飯の中央に卵焼きが来るようにして俵型に握る。上にサーモンの切り身をのせて握り、形を整える。
外を包むミニ白菜の浅漬けと中に入れる具です

5 浅漬けにしたミニ白菜を広げ、4を置き全体を包むように巻き込む。
6 出来上がり!

※残った芯は、細く切ってきんぴら風、汁物、サラダなど何でも美味しく食べれますので、他のメニューで、お寿司と一緒に召し上がってください。


ミニ白菜の収穫風景。1つ1つ確認しながらコンテナに詰めていきます。

at 18:59, nouka-recipe, ミニ白菜

comments(0), trackbacks(0), - -

ミニ白菜と豚バラ炒め 中華仕立て

ミニ白菜と豚バラ炒め 中華仕立て

野菜くらぶでは、9月になるとミニ白菜の出荷が始まります。
このミニ白菜、生でも食べられるサラダミニ白菜なのです。
ミニサイズで使いきれる上に、大玉の白菜のように葉っぱに毛が生えていないので、生食にもお勧めです。

レタス生産者の林さんが作るミニ白菜は、夏に育ったとは思えないほど甘みのあるミニ白菜になります。
そんなミニ白菜を使った料理を、林さんの息子さんの駿一くんに教えていただきました。

林さんがお昼ご飯に食べているという、簡単に作れて、ご飯のお供にぴったりのメニューです。

是非お試しください。





<作り方>
○材料○
ミニ白菜 1個、豚バラ肉 200gくらい、中華スープの素(ペースト状のもの) 適宜、醤油 適宜、オリーブオイル 適宜

○手順○
1 ミニ白菜を縦半分に切り、ざく切りにする。豚バラは一口大に切る。
2  熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、切った白菜を全て入れる。少量の水をたらして、フタをして蒸す。
  ※フタができなくても、白菜が縮みますので、無理やり押し込んでください。
3 火が通ったら、少し炒めて豚バラを入れる。
4 豚バラに火が通ったら、中華スープの素と醤油で味付けする。
  ※白菜から水が出るので、味を見ながら調整してください。
5 味が整ったらできあがり。



林さんのミニ白菜の畑。赤城山の中腹にあるので、下の方(奥)に沼田の町が見えます。(駿一くん撮影)


きれいなミニ白菜が出来上がっています。

at 19:27, nouka-recipe, ミニ白菜

comments(0), trackbacks(0), - -