スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

白滝と夏野菜のサラダ パスタ風

JUGEMテーマ:野菜を食べよう

ダイエット中のあなたに嬉しい、
"なんちゃってこんにゃく料理"です。

白滝を、レタスやトマトと炒めると、
あら不思議。パスタのような満足感が。
冷蔵庫で冷やして、どうぞ!



見出し「材料」

グリンリーフ(株)「君田白滝」あくぬき済み(200g)…1袋
トマト…中1個
レタス…3〜4枚
ツナ缶…2分の1缶
卵…1

調味料
オリーブオイル…大さじ1
塩、こしょう…適量

見出し「作り方」

1.白滝を洗う。
白滝をザルにあけ、さっと水で洗う。そのまま5分ほど水を切る。

2.炒り卵を作る。
卵に塩、こしょうで味をつけ、フライパンにオリーブオイルをしいて、半熟の炒り卵を作り、取り出しておく。

3.白滝をから煎りする。
卵を取り出したフライパンに、白滝を入れ、強火で5〜10分ほどから煎りする。白滝から水分が出なくなり、パチパチと音が出るまでしっかり煎る。ここがポイント。

4.トマトとレタスを用意する。
その間にトマトを切り、ザルに入れて水気を切っておく。レタスは、手で一口大にちぎる。

5.ツナを加えて炒める。
しらたきの水分が十分に飛んだら、ツナ缶半分を加えてよく混ぜ、塩、こしょうで味
を調える。

6.火を消し、卵、トマト、レタスを入れる。
火を消し、卵を戻し入れ、トマト、レタスを加えて軽くまぜあわせる。再度、味を調えれてできあがり。冷やして食べると、さらにおいしい。


子供も大人も喜ぶ一品です。具材も味付けも、お好みで。チリソースやパスタソースもOK。でもどういうわけか、君田白滝じゃないとおいしくないのです!


グリンリーフ(株)
事務スタッフ
君田佳織(きみたかおり)
プチトマトの線

at 10:49, nouka-recipe, しらたき

comments(2), trackbacks(0), - -

こんにゃくと舞茸の炒め物

JUGEMテーマ:野菜を食べよう  

 
当社自慢の、
「おいしいつき出しこんにゃく」で、
ヘルシーな、おかず兼おつまみを!
驚くほどおいしく仕上げるコツを、伝授!

職場のみんなにも好評なレシピです。

 
見出し「材料」

グリンリーフ(株)の「おいしいつき出しこんにゃく」あくぬき済み220g…1袋
舞茸100〜200g(お好みで調整)

調味料
サラダ油…大さじ1.5〜2
酒…50
砂糖…小さじ3
しょうゆ…大さじ2
だしの素…少々

見出し「作り方」

1.材料はこれだけ!
つき出しこんにゃく200gと、舞茸100〜200g。舞茸は手で分ける。こんにゃくも切ってあるので、包丁要らず。

2.こんにゃくを洗う。
ざるにあけたこんにゃくを、流水でざっと洗い、そのまま少し置いて、水気を切る。

3.こんにゃくを炒める。
油をしき、こんにゃくをじっくり炒める。ここで十分に水分を飛ばすことが大切。そうすることで、調味料のしみ込みがよくなる。

4.舞茸を加える。
こんにゃくの水分が十分に飛んだら、舞茸を加えて軽く炒める。炒めすぎに注意し、舞茸の歯ごたえを残す。

5.酒、砂糖、しょうゆ、だしの素で味を付ける。
酒、砂糖、しょうゆ、だしの素を加えて、さらに炒める。

6.水分がなくなるまで炒める。
水分がなくなるまでしっかり炒め、こんにゃくに味をしみ込ませれば完成。そのままでご飯のおかずに、七味唐辛子をかければおつまみにぴったり。



6僂棒擇辰討△襦屬いしいつき出しこんにゃく」は、包丁要らず。おいしく作るコツは、じっくりから煎りすること。驚くほどおいしい炒め物ができますよ!



主婦
下里美(しもさとみ)

プチトマトの線

at 10:41, nouka-recipe, しらたき

comments(1), trackbacks(0), - -